外用薬で投与しやすい|ペットを飼っている人には必須!アドボケートで害虫たちを駆除しよう

ペットを飼っている人には必須!アドボケートで害虫たちを駆除しよう

カラフルなシートと薬

外用薬で投与しやすい

ピンク色の錠剤を取り出した様子

ペットに医薬品を投与するうえで、もちろんその効果も重要なのですが、医薬品のタイプも気になることでしょう。
私たち人間が使用する医薬品もそうなのですが、医薬品といえば錠剤をイメージする人が多いのではないでしょうか。
しかし、錠剤の服用を嫌う人は意外と多いです。
犬や猫などのペットも同じで、錠剤を嫌うペットはたくさんいます。
人間からすれば錠剤は無味無臭なように感じますが、嗅覚や味覚が人間よりも発達している犬・猫は錠剤のかすかなニオイ・味も見逃しません。
医薬品特有のニオイ・味を察知し、すぐに吐き出してしまうペットが多いのです。
たとえエサに混ぜて与えても同じことで、器用に分けて吐き出してしまうでしょう。
ペットの口を無理やり開けて投与することになるかもしれませんが、それも一筋縄ではいきません。
このように、錠剤の投与に今まで苦戦してきたという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

最近ではペット用の医薬品にチュアブルタイプの錠剤も増えてきました。
これは犬や猫が好むような味付けに加工された錠剤のことで、オヤツ感覚で与えることができるのです。
チュアブルタイプの登場によって錠剤の投与も昔よりは楽になりましたが、それよりももっと簡単に投与できるのがスポットオンタイプなどの外用薬です。

アドボケートもスポットオンタイプなのですが、これなら肩甲骨の間など、指定されている箇所に適量滴下するだけでよく、あとは体内に浸透して効果を発揮してくれます。
これなら錠剤が嫌いなペット相手であっても、簡単に投与することができるでしょう。
完全に体内へ浸透するまでの1~2時間はその箇所に触れたり、シャワーに入れることができませんが、錠剤嫌いなペットを飼っている人には便利です。
このように、アドボケートは投与方法も簡単になっていて扱いやすいというのも大きな魅力となっています。